ひまつぶし

主にジャニーズWESTとSnow Manについて語る。

モーツァルト! 6/2 マチネ

古川雄大の帝劇初主演。絶対観たかったんですっ!!最初に取った日程は仕事が重なってしまって、途方に暮れました。だって、チケットは全日程完売でしたから。結果的に交換が成立して観ることができました。

 

モーツァルト!は初めて観ました。『僕こそ音楽』はよく耳にしていましたけど、他の曲も良い曲ばかり。ただ少し難しい。

古川雄大のヴォルフは、苦悩に満ちた感じがよく出てた。と思ったら、この日は喉の調子が悪かったとリピーターの方はおっしゃっていました。ゆんくんは元々お歌の人ではないし、前々から歌が弱いっていう印象があったので、喉がどうとか初見の私は全く気づかなかったです。むしろ、以前と比べてよく出るようになったと思ったくらい。ただ山口祐一郎さんや市川正親さんと一緒に唄うと、消されてしまいますよね。でもそのもがき苦しむ感じが、ヴォルフガングが苦しんでいるところと重なって、とても良かったです。何より彼のスタイル。顔が小さくてスラっとしているので、ロングコートの衣装がよく似合う。

ロンダートやバク転もしていて、あーこの人ディズニーシーで踊ってた人だったわ〜って思い出した。シンデレラストーリーじゃないけど、男性の場合は何て表現するの?ディズニーシーで踊っていた人が、今や帝国劇場で主演を務めているんだよ。凄いよね。

カーテンコールは、相変わらず笑顔のないゆんでした。最後に出てきて、0番に立って、三方礼を仕切る。あぁ、本当に主演なんだなぁ…。本当に嬉しい瞬間に立ち会えた。

 

コンスは平野綾ちゃん。交換を探す時に、古川雄大ありきで探したんだけど、結果的に元々持っていた日と全く同じキャストでした。コンスは平野綾ちゃん一択だったな。台詞がとても聴きやすいんですよね。唄っても歌詞が聴きやすい。さすが声優さん。

ナンネールの和音美桜さん。レディベスの時とは全然違う。声色まで変えられるの?!舞台俳優さんって本当にすごい。

涼風真世さん男爵夫人。『星から降る金』かな。この歌すごく好き!

山口さんと市川さんは、さすがの貫禄と存在感。あれには負けるよ…。

 

って、レディベスとキャストが被りすぎ。レディベスでは、ココとココがあれでこれで…って途中頭の中で始まってしまった。あの時は綾ちゃんが主演で、ゆんはクールヘッドしか歌ってなかったよな…とかね。

 

ピアノの舞台装置が素敵でした。蓋が閉じたり開いたり、全体が回ったり。モーツァルトの世界観そのもの。オケピの前に銀橋もあって、まるで宝塚のようでした。あれを宝塚以外で見られるって、斬新!

カーテンコールが終わって、しばらくオーケストラの演奏が流れていましたけど、こういうのもとても好き。単純に曲だけを堪能できる。そして、スタオベはいつしたらいいんだろ…って思っていたら、演奏終わりにゆんヴォルフとアマデが2人だけで出てきて、ここでスタオベ。銀橋の上で上手、下手、センターとご挨拶しておしまい。

 

一度の観劇では消化し切れなかったので、もう一度観たいなぁ。チケットもないし、忙しいので、絶対に無理なんですけどね。だからまた、古川雄大で再演しましょう!!

 

ステージファンで、京本大我くんが『BOSS CAT』で取材を受けていたんです。その中で「帝国劇場での小池修一郎先生の作品でいつかさらに大きな役をやりたい」と言っていました。『エリザベート』で同じルドルフ役をやった古川雄大くんが、とうとう帝劇で0番に立った。大我くんもぜひ、刺激を受けに観に来て欲しいなぁ。私が大我くんにやって欲しいと思うのはロミジュリのロミオなので、“帝劇で”はとりあえず置いておこ?

 

f:id:yukawhitechocolate:20180603010958j:image

f:id:yukawhitechocolate:20180603011007j:image