ひまつぶし

主にジャニーズWESTとSnow Man、関ジャニ∞について語る。たまにミュージカルも。

DREAMBOYS 1/2 夜

あけましておめでとうございます。

 

今年もお正月から帝国劇場へ。2019年から主演が岸くんに変わり、堂本光一くんが演出に参加されて、物語が分かりやすくなったと聞いていたので、観てみたいと思い足を運びました。

ドリボは2011年から2015年までは毎年見ていました。ほぼ玉森くんの時代ですね。というわけで、5年ぶりのドリボです。

 

舞台では初めてのデジチケ。もちろん座席は分からないので、 オペラグラスも持って行きましたが、結局全く使いませんでした。10列以内のセンターで、全体がかなり見やすかったです。特定の誰かを観に来た訳ではないので、本当に最適な席でした。

 

2019年のドリボは観れていないのでそちらとの違いは分かりませんが、コロナ対策で公演時間は幕間なしの2時間、フライングもないし、もちろん客席登場もありません。ショータイムもない。とてもシンプルで良かったです。

 

ドリボと言えば?「NEXT DREAM」。これを聴くと、ドリボを観に来た〜って気分が高まります。そして、驚いたのが(驚くところではないのだけど…)岸くん神宮寺くん、生歌なんですね!!ちゃんと歌える人の舞台っていいなぁ…と単純に思いました。

出演者がそれぞれ個人やグループで歌う曲は変更になっていましたが、ネクドリを始めとして数曲は代表曲が残されていて、懐かしくて嬉しかった。

私はなぜかあの桟橋のシーンが好きだったので、桟橋が出てきた時になんとも言えない感情が込み上げてきました。桟橋残ってた…って。

そうそう、チャンプが亡くなるシーンはやっぱり上から花が降ってくるのね!

たまに、7MEN侍と美少年見ながら、「あー、あそこはふっかがやってたよねー、あれはひーくんだったよねー」と頭の中ですのに置き換えている自分がいて、なんだかいやでした。すのーまんの亡霊を探すな!って。

光ちゃんの演出になってトンチキじゃなくなった」と聞いていたのですが、いや、まだトンチキなシーンは残ってましたよ!トンチキじゃないとジャニーズ舞台じゃない。ユウタが逃げている間に一芸披露みたいなシーンは今回はなかったけど、2019年はやっていたのかなぁ。“ドリボといえば一芸披露”みたいなところがあるからね。あれは続けてほしい演出。

 

紫吹さんと樹里さんは、私が学生時代に母と宝塚を見ていたのがまさにお二人の時代だったので、月組〜!!と思ってしまった。お二人と岸くんが歌うシーンも、迫力があってすごく良かった。岸くんは元男役のお二人と並ぶと実際は小さいけれども、とても大きく見えました。存在感がすごい。

 

最後にどうでもいいことですが、7MEN侍の中では本高克樹くんが気になります。

 

結論、ドリボはこれからも観つづけよう。

 

f:id:yukawhitechocolate:20210103104934j:image


f:id:yukawhitechocolate:20210103104937j:image

門松がこんなに人気な場所って、ほかにないよね…。

 

 

ジャニーズ舞台を見ることに慣れていると、普通の帝劇の公演のときとか、誰も看板の写真なんて撮ってなくてビックリする。そりゃそうだよね、ただの看板だもん。アクスタとか一緒に写真を撮るグッズもないしね。(いやアクスタは写真を撮るためのグッズではないような…)

2020年を振り返る

振り返るまでもないけども…。

2020年に行ったジャニーズの現場って、結局お正月のジャニアイだけ?かな。現場とは言えないけど、『滝沢歌舞伎ZERO 2020』の先行上映を観に御園座にも行った。

あとはひたすら配信。ただ、現場と違ってわざわざ休みを取らないから、仕事とかぶってしまって見られないものもあった。配信は直前まで購入可能でとても気楽に見られるから、その日の気分で見たり見なかったり。

 

コロナの影響の大きい職種ゆえ、今年はお給料が激減…。来年以降はもっと大変になることが決まってる。今までみたいに、見たいものは時間とチケットがある限り見るというスタンスではなくなったので、配信も我慢して1公演だけ見るということも多かった。友達が配信を全部見たり、舞台のチケットをたくさん持ってたりして、もちろん羨ましく思うけど、人と比べちゃいけない。私は私の懐と相談してヲタ活していかないと。

 

1月の関ジュとストのコンサートの中止が決まりましたね。やっぱりまだアリーナクラスのコンサートは難しいのか…。

私はこの先、舞台を何本か観に行く予定があるけど、無事に上演されますようにと祈るばかりです。我慢してるので、1演目につき1公演です。慎ましくヲタ活するようにしたら、今のところ、申し込んだ分はちゃんと当ててもらえるようになりました。(単純に、コロナ禍で普段より申し込みが少ないっていう理由だと思うけど…)

 

本音はね。早くコンサートに行きたいよ!!友達とワーキャー言いながら、ペンライト振りたいよ。

 

 

2020年ラストは、嵐の配信ライブを観ています。嵐のライブには行ったことがないけど、最後にちゃんと見納めておきたくて。これ、配信じゃなかったら絶対観れてない。

嵐がいたから関ジャニ∞が楽しくふざけられたんだろうし、嵐がいたからジャニーズに入った子もいただろうし。ジャニヲタみんなが嵐に感謝してるんじゃないかな。

 

ラストライブ、嵐のみんなが楽しめますように…。

 

 

みなさま、よいお年を♡

プロデューサーズ 12/3 マチネ

プロデューサーズ』、10年くらい前?もっと前??にNYで観たはずなのですが、全く記憶にない。なぜならば、到着した日に観に行ったので、時差ボケでウトウトしてしまったんですよね…。

上演が発表された時からとても楽しみにしていました。吉沢亮くんのミュージカルデビュー作を!あの美しい顔の吉沢亮くんを生で見られるチャンスがあるなんて。

 

芳雄くんのFCでこんな良席が来たことは初めてでした!実質2列目、オケピがあってよかった。そうじゃないと、近すぎて照れる。←

最初は反響するのか歌詞が聴き取りにくかったけど、だんだん慣れました。

 

芳雄くんは、定期的にこういうコミカルな役を演じるよね。去年のグレコメも好きだったけど、今回も好き。開演前に真後ろの席のおばさま達が「下ネタにどう反応していいのか困る」と仰っていて、全くネタバレも拾ってない私は「下ネタ???」と思っていたんですが、まんま「下ネタ」という台詞もあるくらい、そういう要素も多かった。だけどなぜかそんなに下品に感じなかった。明るい?下ネタだったからかな。

吉沢亮くんの歌は、そりゃミュージカル俳優さんと比べると…だけど、上手でした!!「吉沢亮くん歌えるー!!!もっと観たい!」と思いました。またミュージカルやろう!!そして、吉沢亮くんって小柄なんですね。テレビでしか拝見したことがなかったので感じなかったのですが、調べてみたら171cm。あら、私と同じくらい。周りの方が大きいから、余計に華奢に見えました。こういうコミカルなイメージが全くなかったので、新たな一面が見られて嬉しかったです。

木下晴香ちゃん、私初めてなのかな。『モーツァルト!』も『ロミオとジュリエット』もチャンスがなかったから。でもずっと見たかったから、やっとチャンスが巡ってきた。晴香ちゃんのウーラ、出てきた瞬間から目が離せなくなった。表情がころころ変わって、可愛かった。セクシーなんだけど嫌味がない。歌はもちろん、ダンスも上手!そしてスタイルが良いっ。来年の『M!』はシングルだから楽しみにしてます!(チケット取れること前提w)

木村達成くん。たつなりくんも、初めて。顔小さい!身体細い!足長い!足綺麗!カルメン可愛い!!女装めちゃくちゃ似合う!という感想が全てです。

ロジャーの圭吾さんは、こういうイロモノの役をやらせたらピカイチよね。なんだかカッコよかった。

佐藤二郎さん、優勝ですw

 

プロデューサーズ』ってこういう話だったのかと、何年ぶりかに知ることができました。アドリブもたくさんあって、佐藤二郎さんがたまに素になってアドリブで話していて、笑いが止まらなくなったたつなりくんも面白かったし。ウーラちゃんが事務所?の模様替えをしたのが「休憩中にやった」「休憩中?」「まくあい!」っていう掛け合いとか、舞台の上手とか下手とかが普通に台詞になってたり。

あと、おばあちゃんズが可愛かったー!

声出して笑ってもいいのかな…と思いつつも、声が出ちゃうくらい笑いました。笑える舞台っていいなぁ。

 

何年ぶりかにシアターオーブに行きましたが、やっぱり腰とお尻が痛かった…。

 

2020年の現場はおしまい。今年は本当にたくさんの現場がなくなってしまって、あっという間に終わったけど、最後にこの舞台を観られてよかった。笑って現場納めができてよかった。

2021年は現時点でいくつかチケットを確保しているけど、何事もなく開催されるように、私も感染症対策をしっかりしてすごしたいと思います。

 

f:id:yukawhitechocolate:20201203182532j:image

f:id:yukawhitechocolate:20201203182514j:image

安田章大写真集 LIFE IS

ミニブックから見た。涙が止まらなかった。知らなくてもよかったのに、やすくんが曝け出してくれたから、しっかり見た。腫瘍の大きさに驚いた。縫合の痕が痛々しかった。術後の彼の顔は腫れていた。

大病を患ったことがないって、普通だけど普通じゃなくて、ものすごく幸せなことなんだなぁと思った。

 

本編。どう見ても寒そうなやすくん。ふかふかのマフラーを巻いてあげたいよ…。そういえば、メガネを掛けていないやすくんの顔、久しぶりに見たなぁ。前と何も変わらない、端正な顔立ち。メガネの奥は何も変わってない。

馬と一緒に笑ってる写真がいちばん好きかな。絶対に寒いのに、暖かさを感じたよ。

 

news everyとZEROのインタビューでは後遺症のことも赤裸々に語っていた。術後には言語・記憶に少し障害があったことも。

やすくんが言葉につまるシーンや、言葉にもなっていない声を発しているシーンをたまに見ることがあった。何とも思ってなかったけど、もしかしたらこれも後遺症の一つなのかな…。

Itでは、術後の腫れた顔の写真をメンバーに送ったら、“おもろいやん”と返信が来て変顔の写真が送られたというエピソードも。いい仲間だなぁ。いい関係だなぁ。

 

 

アイドルだから、経験を語れる立場だから、発信していきたい。と、安田章大くんは言っている。撮影は2月で発案自体はもっと前だから、コロナは関係ないけれども、命について考えるにはこの上ないタイミングに発表されました。

その想いは痛いほどに伝わりました。

 

 

私は、手術前の『エイタメ』も手術後の『俺節』も観に行ったけれども、その間にこんなに大きな手術をしていたなんて思いもよらなかったし、それを全く感じさせなかったやすくんは本当にすごいよ…。

 

 

大倉くんが新型コロナウィルスに感染しました。多忙を極めていて免疫も弱くなっていたから感染しちゃったのかな…。誰よりも気をつけていたのに。悔しいだろうなぁ。何も考えずにゆっくり休んでください。ファンのコメント、「後遺症(味覚障害)が残りませんように」「たくさん食べられますように」って、めちゃくちゃ愛がある。

なんかほんと、関ジャニ∞っていろいろありすぎる。試練を与えすぎじゃない?

 

だからこそ、応援したくなっちゃうんだけどね。

 

 

寝る前にまた写真集を見た。また涙が出た。

 

f:id:yukawhitechocolate:20200925232146j:image

 

 

 

ラジオを聴いた。髪の毛を緑に染めた理由(自然の緑を体に取り入れるため)、髭を生やしている理由(人間が野に放たれたらこうなっていく)、ピアスが黒と透明の理由(生と死、輪廻転生)。全部に理由があったなんて…。ただのオシャレじゃなかった。

“笑い皺をいっぱい作って生きてほしいです”。たしかにやすくんは、たくさん笑い皺がある!

FREESTYLE 2020

私はジャニヲタでも嵐を通っていないヲタクです。昔住んでたマンションに嵐ファンの同期も住んでて、DVDを借りて見たくらい(たぶん5×10?)。あれを見た以来、嵐で一番好きな曲は「感謝カンゲキ雨嵐」。

嵐単独の現場は、2013年くらいのワクワク学校と2014年のピカンチの映画を、相葉担の先輩に誘われて行ったくらい。コンサートは関ジャムでも特集されてたけど、あんな凄い演出、そりゃ興味はありますよ。でも軽々しく「嵐のコンサートに行ってみたい」なんて口に出すことはご法度だと思ってる。それくらい、嵐の現場は近寄れないと思ってる。

 

今回なぜ大野くんの個展『FREESTYLE 2020』に行ってみようと思ったのかと言うと、単純に興味があったから。嵐が活動休止する前に、大野くんの感性に触れておきたかった。抽選も申し込んでみたけど落選。その後一般販売されて、なおかつまだ余裕がありそうだったので、こんな私でもおじゃまさせてもらえるかな…ということで、行ってきました。

ちなみに、私と美術との関わりについて。美術館の企画展は結構行くひと。いちばん好きなのは印象派で、モネとゴッホの企画展は毎回行く。国立新美術館が大好き。

 

前置きが長くなりました。

大野くんの作品がどんな物なのかも、あまり知らずに行きました。感想をざっくり言うと、好きなテイストです!今回の新作は、NYのMoMAに飾ってあっても違和感がないなぁと思いながら見た。色使いがカラフル。描写の細かいものもたくさんあった。

私の感じる大野くんって陰なイメージだった。孤独を好むイメージ。だから多色使いで陽を感じる作品が多くて、少しびっくり。制作風景の写真の中の大野くんの表情が印象的だったなー。笑ってる。本当に楽しんで描いてるんだなぁと。

 

一番印象に残ったのは、やっぱりジャニーさん。何回も見に戻ってきちゃった。あと、映像作品も面白かった。少しシュールなんだけどね。

黒く塗ったキャンバスを細かく削って描いたような絵も、見入ってしまいました。どうやって描いたんだろう。どこから描き始めたんだろう。

嵐にしやがれ」か何かで、亀梨くんが大野くんに描いてもらって自宅のリビングに飾っていると言っていた、亀梨くんの絵もありました。引き込まれそうな目がとても美しかった。

 

私は大野くんのパーソナリティは全く知りません。でも中学校?時代のテストの解答用紙や、小学校の頃の表彰状、七五三の写真なんかも飾られていて、本当に興味深かったです。これ、担当のひとには堪らないね。もっと大野くんのことを知りたいなと思いました。イチ芸術家として。

 

入口は「興味があるから」というジャニヲタらしい理由でフリスタを見に行ったけれども、結果的に普段美術館で他の方の絵を見るのと同じように見ていました。本当はもっとゆっくり、近づいたり遠ざかったりして鑑賞したかった。失礼を承知で言うと、こんなに本格的に制作に取り組んでいるとは思ってなかったんです。嵐としてあんなに忙しい毎日を送っていて、作品を制作する時間なんてあるんだろうかと。いろいろと誤解していました。

 

結論として、本当に行けてよかったです。美術に精通している人みんなに見てもらえたらいいのになぁ。もっと気軽に見れるようにはならないんだろうか。

いつも思うのは、嵐はコンサートにしても演出や装置がとても凝っていて、あらゆる分野のひとが注目すべきものなのに、それを観るための壁がものすごく高い。もしかしたら逆?みんなが観たいものだから、簡単には観られない状況になってしまうのかな。

 

 

グッズは何も買ってなかったけど、作品集を購入しようと思います。

大野くんキッカケに美術の分野に興味を持つひともたくさんいるんだろうな。

 

f:id:yukawhitechocolate:20200919130807j:image

 

f:id:yukawhitechocolate:20200919125703j:image

f:id:yukawhitechocolate:20200919130823j:image

 

この、カイトのジャケットの絵(で合ってますか?)の両側のライトが明るすぎて、上手に撮影することができません…。

 

カレーパン、美味しかったです。

f:id:yukawhitechocolate:20200919125729j:image

 

 

THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE Cプログラム 8/25 (大千秋楽)

帝劇のつづりって“theatre”なんですね。気になって調べてみたら、theatreつづり多め?EXシアターとACTシアターはtheaterだった。そんなことは置いといて。

 

帝劇コンの大千秋楽。井上芳雄くんのMCも冴え渡っておりました。そして大地真央さんのオーラが凄かったー!芳雄くんも言ってたけど、最初のあの柄物のドレス、あれを着こなせるのは大地さんしかいないでしょ。全然負けてない。

そして時間が押す。トークで押す押す。早い段階で芳雄くん諦めるw

島田歌穂さんとのトークでは「ナイツテイル(KTと呼んでいました)の曲が入ってない。光一くんのSHOCKとかセットリストに入ってない曲もたくさんあるから、またやりたい」とのこと!ぜひぜひー!!『ナイツテイル』は同時期に単独でコンサートやってたから入れなかったのかなー。『SHOCK』は東宝制作とは言え、ジャニーズだから難しいだろうな。

モーツァルト !』の「ダンスはやめられない」をソニンちゃんで聴けたのは嬉しかった。ほんっとパワフル。『ダンス オブ ヴァンパイア』の時はさながらソニンの単独ライブみたいになってたよ。

エリザベート』は「私が踊る時」を一路真輝さんと芳雄くんの元親子コンビ、「夜のボート」を瀬奈じゅんさんとシュガーくん。元親子で歌うのは感慨深いものがご本人達にはあったはず?!シュガーのフランツ好きなんだよな、なんでか分かんないけど。今年も観たかった…。

『レディ・ベス』の平野綾ちゃんが好きすぎる。って言うか『レディ・ベス』の曲は結局何でも好きかも。平野綾ちゃんには芯の強さが見える。滑舌が良いから?

 

帝劇でこれだけのキャストを一度に見られるのは、本当にすごいことだったと思う。貴重な舞台を観られて本当に嬉しかった。

芳雄くんのMC押し押しで、結果的に30分弱くらい押したのかな。それでも短いくらい!ミュージカル俳優さん達おしゃべり上手だから、もっと聞いていたかったです。

 

 

芳雄くんのMCでもあったように『SHOCK』の曲も聴きたいから、今度は東宝制作のジャニーズ舞台のコンサートとかどうでしょ。『ドリボ』と『ジャニーズワールド』『ジャニーズアイランド』『えび座』…くらい?そんなこと言い始めたら、松竹ver.で『滝沢歌舞伎』『少年たち』etcのコンサートもやって欲しい!!!

 

年内のジャニーズのコンサートも中止になってしまったし、今年は現場に全く行けないかと思ってたけど、こうやって『ナイツテイル』に引き続きミュージカルのコンサートを観てウキウキできて良かったです。

今まではチケットさえあれば帝劇に来れるものだと思っていたけど、この状況に陥って改めて、贅沢なことなんだと気付かされた。やっぱり帝国劇場って非日常的な空間なんだなぁと。それはやっぱり、このコンサートで舞台に立っていらっしゃったミュージカル俳優さん達それぞれの“帝劇への想い”を聴けたから。

平野綾ちゃん?だったかなぁ。「今までも千秋楽で“出演者誰一人欠けることなく”って挨拶してきたけど、今回それをすごく感じた。休演することもなく、千秋楽を迎えられて本当によかった」(←ニュアンス。なんかもっと強いメッセージだった)と言っていて、芳雄くんも強く共感していました。

ミュージカルを観られることの幸福感、帝劇に来られることの贅沢さ、少しお洒落して出かける時の高揚感は特別なものだけども、これがまたありふれたものになりますように…。

 

f:id:yukawhitechocolate:20200825220513j:image

 

帝劇のロビー。写真を撮ったのは初めて。

f:id:yukawhitechocolate:20200825220543j:image

(開演15分前くらいなのに、ロビーに人が全然いない)

THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE Bプログラム 8/20ソワレ

いわゆる、帝劇コン。私は古川雄大くんが好きなので、Aプロも観たかった…。でもAプロのチケットは瞬殺でしたね。

 

19、20日とオーケストラをバックにとっても上手な方の歌を聴くという、なんとも贅沢な2日間を過ごしました。何よりも、また帝劇に帰って来られた。それが嬉しかったなぁ。こちらもナイツテイルと同じく、ロビーも客席もほとんど話し声は聞こえず。客席は前後左右が空いているので、2階席の3列目どセンターからは何のかぶりもなくステージ全体が見渡せた。

私は楽器をやっていた人間なので(ど素人だけど)2階からオケピの中とかじっくり見ちゃう人。ちなみにオーボエ。なのでチューニングが始まるとワクワクする。

 

セットリストは東宝の公式ツイッターへどうぞ。私はレミゼは観たことがないので、レミゼの曲を帝劇で聴いたのは初めてでした。民衆の歌はやっぱりいいですね。

懐かしいミュージカルの曲を聴きながら、学生の頃母親に連れて行ってもらったことを思い出していました。『エニシングゴーズ』とか『回転木馬』とか。名古屋だったので、中日劇場で観たんですよね。中学生くらいじゃなかったかな。今思えば、とても贅沢をさせてもらっていたんだなぁ。東宝版『エリザベート』を初めて観たのも、中日劇場だったよねー。今はなき中日劇場、本当に懐かしい。

帝国劇場に初めて観に行ったのが、『ルドルフ ザ ラスト キス』。あれから再演されていないけど、その曲が聴けたのも嬉しかった。『エリザベート』の「闇が広がる」を、いくさぶトートとまりおルドルフで聴けたのはとても貴重!いくさぶトートはリベンジがあるとして、まりおくんはもうルドルフじゃないし。『レディ・ベス』とか『マリーアントワネット』とかは、私の一番聴きたい曲ではなかったけど…、ま、そんなものです。

平原綾香さんの歌を生で初めて聴いたけど、背中がゾクっときた。上手すぎて。

ナイツテイルと違って、アンサンブルの方がガンガン踊るから見てて楽しかった!

両隣がプロのミューヲタさん(←そんなのいるのか知らないけど)で、『ジャージーボーイズ』の時にノリノリに乗りまくってた!私は『ジャージーボーイズ』は通ってないからなぁ…。好きなものが偏ってるんだな。ヨーロッパ系?ばっかり笑。エリザ、マリーアントワネット、1789…ハプスブルク家多いなw レディ・ベスも好きだよ!!

 

f:id:yukawhitechocolate:20200821190247j:image

帝劇、嬉しいね!!ジャニアイ以来の帝劇でしたが、あの頃と全く違う、怖いくらいひっそりとしたロビーと客席。それでも、エンターテインメントの再開には感謝!