ひまつぶし

主にジャニーズWESTとSnow Manについて語る。

レディ・ベス 11/15 ソワレ

『レディ・ベス』ふたたび。花總さんも見ておかなくては。

2回観てダブルキャストはコンプリート。前回は2階席上手側、今回は1階席下手側。初回は全体を観たいから2階席でよかったし、今回は近くから観たいところをオペラグラスで表情までじっくりと。


f:id:yukawhitechocolate:20171118142246j:plain



花總さんはさすがの姫役者です。歌は年々進化しているような。ただ「自由」って歌われるとどうしてもエリザベートを思い出してしまうよ。そしてこの方、本当に老けないよね。2日前に平野綾さんを観てしまったので、比べたらやっぱり最初の方は若作り感は否めないけど、お花様しか観てなかったら本当に年齢不詳。

加藤和樹くん。今日のお隣さんはどうやら和樹くんのファンのようで、何度も観ているらしい。なぜならば!和樹くんが出てくる前からオペラグラスを上げて出てくる方を向いて準備されていたから。私は『1789』は小池徹平くんで観たので、加藤和樹くんは初めて。大きくて包容力のある役者さんですね。ベスと別れる時に涙を流していて…とても美しかったです。

平方元基さん。こちらも初めて。平方さんのフェリペはすっごくチャラいしエロい。うわー、愛人ちゃんとキスしてる…、ゆんくんもしてたの?!(ジェラシー)って思ったら、ゆんフェリペはしてないようで(安心)。フェリペの人物像としては、平方さんの方が分かりやすい。カテコもチャーミング。

吉沢梨絵さん。硬質な女王って感じ。未来優希さんが“貫禄”とすれば吉沢さんは“威厳”って感じ。声の質もまた同じく。

 

今日はロビンのシーンでちょこちょこ笑い声が上がりました。演者さんも違うし客席も違うし、なかなか面白い変化でした。

 

2回見ると、見えてなかったところが見えるし、気づくこともいっぱいある。初回は次があると思って見るしね。でも前回よりも今日の方が前列だったから、大好きな古川雄大くんはこっちの席から観たかったなぁ…なーんてね。

 

開演前や幕間にロビーで座っていると、周りの方の話が聞こえてしまうんだけど、どの世界にも多ステされてる方はたくさんいらっしゃるのね。隣の方たちも“今日は”どうだとか話していたしね。一緒に入ってきて「後でね」と約束して別れた方達は、どういう繋がりなんだろう…。

 

今回は収録のカメラが入っていたけど、何のための収録なのでしょう。DVDのキャストじゃないし。ボーナストラック的な?ドキュメンタリー的な?今日のげんぺさんエロかったから、また見たいよっ。でも買うのは…もちろんゆんぺです、ごめんなさい。

 

レディ・ベス 11/13 ソワレ

上演が決まってから観るつもりではいたけど、予定が分からなかったからギリギリで購入したチケット。自分の観れる日にサクっとチケット取ったら、あとから母親に「なんで誘ってくれなかったの?」と言われた。誘って欲しかったら言ってよ…。

 

セットがとても素敵。八百屋舞台は思った以上の傾きでビックリ。それとケルト音楽。イギリス行きたくなるやつ。

 

今日の一番の目当ては古川雄大くん。フェリペのビジュアル、ものすごく好きなんですけど!!!!!ビジュアルだけなら、ルドルフよりもロミオよりも好き!!!!!中身はいちばん嫌いだけど!好きすぎる、クールヘッド。いっくんと掛け合うシーンを見ていて、モーツァルトの時はダブルだからこの2人が並ぶシーンは見れないんだな…ってしみじみ。いっくんとダブルだなんて、古川雄大も出世したなぁ!相変わらず声は細い。でも不敵な笑みが素敵だからいいや。そしてやっぱり塩対応。カーテンコールでもにこりともしない。笑ってよー。

 

山崎育三郎くんももちろん見る見る。いっくんは映像の人になってしまったのかな…ってちょっと悲しかったから、舞台の上で歌ういっくんが見れて嬉しかった。逆にテレビで見ていっくんのことを知って、舞台を観に来た人もいるんだろうな。相乗効果ですね。いっくんはルキーニしか観ていないので、白い肌のいっくんは初めて見ました。ロビンの髪型好き!いっくんはこういうアクのない白い役の方が似合う気がする。

 

平野綾さんは初めてでした。歌がとても上手。歌っても滑舌が良いので聴きやすい。この方の声の出し方とても好きかも。高音もファルセットじゃなく普通に歌ってる?そしてサイズ感。いっくんにスポッとおさまる感じ。羨ましい。

未来優希さんは、コワイ。エリザでもルドヴィカは卒業してもうゾフィーかな。

鳥肌モノは、和音美桜さんの歌。基本、幽霊?もしくは夢なのでずっとエコーがかかっているのだけど、それも相まってゾクっとくる歌声。とてもとても声が綺麗。本当に良いものを聴かせて頂きました。なんなら、ベスやロビンの歌よりもアン・ブーリンの歌が一番頭に残ったくらい。

目を引いたのは、石川新太くん。可愛らしいなぁと思って、調べてみたらまだ18歳なの?!来年から音大生なの?!元子ルドなの?!この子絶対来るよ。成長が楽しみ!!東宝で育ててくれるのかなー。

 

ゆんくんが初めて出てきた時に、私と同時に周りのお姉さまのオペラグラスがガーっと上がったんです。それ以降も、オペグラ上げるタイミングがみんなほぼ同じ。もしやみんな、古川雄大担ですか?

 

『レディ ベス』は一応ハッピーエンドなのかしら!ロビンとの恋は報われないけど、女王になるんだし。あとね、主役が死なないの。ここ大事。

 

あともう1回観られるけど、ゆんフェリペじゃないから…、増やしたいよぉ。大阪も行きたくなってきた。ゆんフェリペ、もっと観たい。チャラいゆんフェリペ、ほんと大好物。それなのに出番が少ないから物足りないんだよ。古川雄大の無駄遣いだよ。

 f:id:yukawhitechocolate:20171114121652j:image

f:id:yukawhitechocolate:20171114121436j:image

 

 

幕間にメールを見たら、1月の帝劇が珍しく当たっていた。アイランドになってから初めて当たりましたね。私の深澤名義全然仕事してくれなくて、今回も当然ハズレると思ってたから、なかなか嬉しい。帝劇が帝劇を呼んでくれたのかな!

ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ 11/11ソワレ

今売れに売れている菅田将暉くんを生で見られる日が来るなんて。こんなに幸せなことはない!

世田谷パブリックシアターへは初めて行きました。思った以上に狭い。私が今まで行ったことのある劇場の中で一番狭い。「生田斗真菅田将暉」なのにこのキャパはどう考えてもおかしい。そりゃ高倍率にもなるよな…。

そんな狭い劇場の前列のセンターブロックより。近すぎて息が止まるかと思った。舞台が低くて前列でも見やすい。ただ、舞台上で寝転ばれるとほぼ見えない。

ロズギルどころかハムレットのことも全く予習しなかった。予習済みの友達に事前に解説してもらったのだけど、そのおかげでなんとなく話の流れが掴めたかな。

 

開演前。同じく初見の友達と「なんで今掃除してるのかなぁ。照明も降ろされてるし。何やってるんだろうね。」とボソボソ話していたら板が運ばれてきて、それが舞台の真ん中を通り過ぎたらそこに斗真くんと菅田くんがいた。なにこの演出!!!

コインゲーム。飛ばしたコインが客席に飛んで来たのは、演出なのかな…。

怒涛のローゼンクランツとギルデンスターンの掛け合い。普段は絶対に使わないような言葉遣い、台詞回し、絶妙な間。一言も聞き漏らしたくないから、集中して聴く。噛んでしまったのか、それともそういう台詞なのか。テンポよく軽快にクソマジメに笑いも交えて進んでいく。

 

ローゼンクランツは少しおとぼけでマイペースで可愛らしい性格で、菅田くんよりも実年齢10コくらい年上の斗真くんが頼りない年下に見えた。

菅田くんのその少しクセのある存在感自体が好きだから、声とか話し方に注目したことはなかったけど、滑舌が良くてとても聴きやすい。

最後にいきなり菅田くんが顔を赤くして涙を流して話し出すんだけど、それが凄かった。菅田将暉本領発揮と言うか…。言葉では表せられない。鳥肌が立つくらい凄みのある芝居だった。

 

三幕で10分休憩が2回なんて珍しいなぁと思ったけど、観たら分かった。あんなに出ずっぱり喋りっぱなしじゃ、そんなに長くは保たないし2回の休憩も必要ですね。一幕は38分とかなり短かったけど、もっと長く感じた。それくらい密度が濃い。

 

ボキャブラリーが少ないので“凄い”っていう言葉しか見つからない。この舞台の感想を上手に伝えられるだけの表現力が欲しい!とにかく舞台上から容赦なく降り注がれる役者のエネルギーを受け取るのに、座って観ているだけのこっちもエネルギーを使った。

私はストレートプレイが苦手です。でもこれは、随所随所に笑いが散りばめられていて飽きなかったし、何よりも「生田斗真菅田将暉」が演じる「ローゼンクランツとギルデンスターン」に入り込めた。

衣装のシンプルさも、2人の個性が生かされていてよかった。短髪の斗真くんもセンター分けの巻き毛の菅田くんも、ただただ美しかった。

 

生田斗真菅田将暉のロズギルを観られて本当によかった。今ロズギル読みたい。

少年たち〜Born TOMMOROW〜 9/24 マチネ

お友達(岩本担降りそうなひと)が、貴重なチケット(他の人に譲る予定だったけど、連絡が来なかったらしい)を譲って頂いて(むしろ感謝された)、2回目の『少年たち』の観劇機会が訪れましたよー!!

今回はちゃんと20分程前(これでも早い方)に劇場に到着して、前回買い忘れたすの集合のオリフォと、ステフォ第2弾も購入して、余裕で着席。お二階席センターだったので全体がよく見えた。一幕ラストのマスゲーム(←と勝手に呼んでいます)のシーンは、上からの方がフォーメーションの美しさが分かっていいよね!

 

去年よりセットが豪華になってる!去年は鉄骨階段だけだったのに、ちゃんと煉瓦造りの少年院のセットがある!映像を使った演出を多く取り入れた結果、紗幕前のシーンが増えましたね。せっかく舞台なんだから、もっと奥まで使おうよ。そこ映像いる?っていうシーンもいくつかありました。

 

すとの自己紹介は、「ジョニーデップです」「スティーブンスピルバーグです」「アンジェリーナジョリーです」からの「高地優吾です」。

すのは「佐久間です。職業アニメオタクです」に始まり、なべが大我くんの横に体操座りして、大我くん「チビッコJr.?」、だて様はフッキングのフリをして「サポートJr.?」、ふっかは大袈裟に踊って「入りたてのJr.?」、阿部ちゃんしゃがれた声で「えぇー思て!」と言って「千原ジュニア?」。阿部ちゃん「名前は追い追い…。以上、緑チームでした!」で捌ける。可愛すぎるよ、緑チーム!!!

やっと『Vanishing Over』も聴けたけど、こちらの新曲も今までのすのの曲とは全然違うテイストで、カッコいいね。(とは言え、あまり記憶に残っていないので、早く少クラでやって!)

『Rival』も、映像演出になってしまったのね…。私はあの2人の間にスモークがブワァ〜って出てる演出が好きだったのになぁ。わざわざ緑とオレンジの炎の映像なんて入れなくても良かったのに。

お風呂シーン前。なべ郎いたよね!!

ほっこり話。なべ「同級生の結婚のお祝いの動画メッセージを撮って届けた後に、Gに遭遇…。」渡辺くんのゴキちゃん話はお腹いっぱい。もっと気分の良い話をしてくださーい。

大我による、すののほっこり話。話を始めるときにきょもさくの幼馴染アピールが可愛い。「さっくんがやってるゲーム。ガチャを回したら今日レアキャラが出て、それをすの全員でW杯で優勝したかのように喜んでた話。」平和だなぁ…(´∀`*)  そして、何のゲームをしていらっしゃるのでしょうか。全く見当もつきません。

桶ダンス後、ひーくん登場のとこ「Gだ!!!」と言われ、ひーくん「Gじゃねーよ。がんちゃんのGじゃねーよ!!」ひーくん、それは嫌だよねぇ。


2幕Dancingシーンのハイパー宮舘タイム。高地くんを観に来たお客さん「東京都から来ました」だて「スキップして来たんですか?」ーうんって言ってたのかな?「スキップして来たんだって!…ってかノリがよくてビックリした」。慎太郎「ロイヤル舘様って呼ばれてる」だて「いろいろ見すぎ!」慎太郎「みんな凄いよね。レポとか」だて「好きな人の発言は一語一句聞き逃したくないもんね」慎太郎「俺早口だから、自分でも何言ってるか分からない。普通は考えてから話すけど、考えずに喋ってる。みんなメモ取れてるの凄い」。慎ちゃん、エゴサしてるのね…。本当にメモ取るの大変なんですよ(今回は回数入らないから観ることに集中するためにメモは取っていないけど)。でもその汚い字で書かれたメモを後で読み返すのが、楽しかったりするんだな。

戦争資料館。高地「俺いっぱい勉強して……(詰まる)…褒められたもん」樹「そこ毎日変えようとしなくてもいいんじゃない?」ここのシーンは、去年のバーでおちゃらけるシーンの方が良かったなぁ…とか呟いてみる。

 

1幕からきちんと観ても、相変わらずのとんちきっぷりに安心感すら覚えました。

 

ショータイム。『Ⅵ Guys Snow Man』、やっぱり好きすぎる!!!!!ずっと聴いていられる。なべしょは、神ちゃんにカッコいいキャップの被り方を聞いてきてください。

すとの新曲も好きなテイストですね。こちらも少クラでやってくれるのを期待します。

 

残りの公演数が少なくなってきて、リピーター仕様になってきてるような気がします。でも、すのは舞台をいくつもこなしてきただけあって、アドリブを入れても本筋に戻すのが上手だなーと思ったり。私は1.5回しか入っていないので、何がスタンダードなのかは分かりませんが。

今回改めて気づいたのですが、阿部ちゃんのダンスがとても綺麗でした。足の上げ方、手の伸ばし方。ダンスのことはさっぱり分からない素人ですが、一つ一つの動作がとても美しかったです。これからは、阿部ちゃんのダンスに注目してみよーっと。

 

『キントレ』『少年たち』と、すのーまんとすとんずの合同公演を連続で見て、年々すと担が増えているように見受けられました。すの担は強火ばっかり増えて、数は増えていないの?茶の間に降りたの?きっと前列に入れば、たくさんすの担いるんだろうけど…。

 

『少年たち』シリーズ(?)はまだまだ続くけど、私はこれでおしまい。最後まで頑張ってください。遠くから応援します!

 

 

ふっかは、猫背矯正に行ってー!!そしたら首も伸びて、頭の大きさ目立たなくなると思うんだけどなぁ。慎ちゃんにエゴサしてもらってふっかに伝えてもらうために、Twitterに書いた方がいいかしら。

[追記]↑去年も同じこと言ってた。私、全然覚えてなかった!!

少年たち〜Born TOMMOROW〜 9/17 ソワレ

すのすとの『少年たち』が始まって以来初めて、“チケットをご用意することができませんでした”でした。仕事が立て込んでて、日程を調整するのも難しかったんですけどね。そんなところに天使なお友達が声を掛けてくれました。だがしかーし、直前に仕事の予定が変わって、会社を出るのが開演時間の18時というとんでもないことになりました。でも今日を逃したら観られませんからね。タクシー捕まえるも運転手さんは安全運転(大雨の中、急いでくださいなんて言えなかった)、よって到着は1幕が終わる5分前。あぁ…。

 

ゆっくりとグッズやステフォを買い(私のためにステフォの照明まで点けて頂いた)、日生劇場の案内係の方達も連絡を取り合ってくださったのか、私が階を上がるごとに「GC階ですよね?」と席まで案内しようとしてくださったのですが、さすがに残り数分で他の方の前を遮るのは憚られたので、1幕を見るのは諦めました。

何が言いたいかというと、日生劇場の方達は、開演後1時間も経ってるのに、嫌な顔を一つもせずどうにかして私を案内しようとしてくださった。もう、日生劇場大好きっ!フカフカの椅子も大好き!

 

 

で。去年と違うこと。いきなりの昭和推し?戦争記念館??

ハイパー宮舘タイムは、何なんでしょう。でも、面白いからいいや。慎ちゃんが平野紫耀くんや滝沢くんのフライングの真似をして「亀梨くんは?」と舘様に振る。そして、舘様渾身の亀梨くんのターンの真似。慎ちゃん「舘様は一番の亀梨くんのファンだよね。強火?なんて言うの?」ってずっと出てこなかったけど、“強火亀梨担”もしくは“亀梨担のトップ”的なことが言いたかったのかしら。

最後に今年もひーくんが「戦争を知らないのはこの国の人だけだ」「どこかで戦争が起こっている」と言うんだけど、北朝鮮からミサイルがバンバン飛んでくる昨今、全く他人事じゃないよなぁ…と思ったり。

 

ショータイム。みんなちゃんとペンラ持参しているの、スゴイ。どうしても“白”に違和感を感じてしまうんですが、白は北斗担なんですね?

すのの新曲、EDM調でとてもカッコいい。かなり好きなテイストの曲でした。ブルーにファーの衣装もカッコいいんだけど、関ジュの衣装にちょっと似ていません?

 

ジェシーの最後の挨拶はいつもの通り。足元の悪い中お越し頂き…とか、気の利いたことが言えたらポイント高かったかな。

今年の私の『少年たち』は、松竹座もLIVEも行けないのでこれでおしまい。2幕だけだと、観た感じが全くしない。

 

 


…と思っていたら友達が、私の“1幕間に合わなかった”っていうツイートを見て「来週入りませんか?」って声を掛けてくれた!!!天使っていっぱいいるんですね。はぁ…嬉しい。

関ジャニ’s エイターテイメント ジャム 東京ドーム 8/15

名古屋はバクステ前スタンド、そして今日は1塁側アリーナ。前回とは全く違う景色が広がっていました。

 

リベンジしたかった『DO NA I』は後ろ姿になっちゃったけど、本人の歌がちゃんと聴けてよかった。『DO NA I』のボーリングの球を投げるような振り(←分かる???)がかなり好き。

メンステがとても近かったので、エイトがバクステに行ったりフロートに乗ったりしてる間は、関ジュ見てました。主にfunkyの金髪3人。むしろバクステは前回堪能したので、今回は今回の楽しみ方ができました。

 

亮ちゃんの煽り、「上の方ー!横の方ー!見えないーって人ー?ごめんねー!!!」可愛い。私はまだエイトは3年目通算5公演目なので、まだまだ知らないことがたっくさんあるんだけど、ライブで見る亮ちゃんって本っ当に好き。

『侍唄』のお遊び亮ちゃん。イントロの最後の音がおかしいな…と思ったら、“誰とも付き合わないって 言ったじゃないか♪”と歌い始める。他のメンバーも合わせ始めて、しばらく歌い続ける亮ちゃん。「これやる予定じゃないんですよ」で、もう一度イントロから。なんなら最後までやってくれてもよかったよ!

『夢への帰り道』、大倉くんがアレンジしてましたね。誰がどうアレンジしようと、常にオリジナル通りの横ヒナ。ある意味、安心安全な横ヒナ。

 

MC始まり、「足元の悪いなか、お越し頂きありがとうございます」。普通だけど、この一言がきちんと言えるグループっていいなって思うんです。

ヒナ「夏にお仕事でみんなでいるって久しぶり」横「松竹座を思い出すなぁ」安「今回ジュニアも付いてくれてるから特にね!」松竹座を思い出す夏、なんだか素敵な思い出!

関ジャニ∞はどの季節っぽいか」。四季それぞれ客席に聞いたあとに「ぶっちゃけどうでもいいって人ー?」\パチパチパチパチ…/(かなりの反応)。夏もいいし、冬もいい。なんなら春も秋もいい。とにかくただエイトが好きってことだよ!

夏のツアーのグッズは何を出せばいいのか迷うっていう話。大倉くんが「夏だから日傘出した」と言ったのに「パラソルはいらない人ー?」\パチパチパチパチ…/まぁまぁいたよね。すばるくんは毎回「ブラ出したい」と言うらしい。そこから「ビキニ出そう!」と言い出す。亮ちゃんは黙って「ずっと考えてたんだけど…ポーチは出てるし。大きめのタオルとかがいいのかな?」\パチパチパチパチ/横は「シミーズ」大倉くんは「ネグリジェ」…。いや、いちばん面白かったのは、すばるくん発案の「制汗スプレー、“エイトエイト”」ネーミングセンスが素晴らしい。

宣伝がたくさん。ペコジャニの宣伝では、大倉くんが「みんな太っちゃうかな」って。太ってもいいよ、腸が元気なら!亮ちゃんだったかな、「宣伝ばっかりでごめんねー」って言ってた。宣伝がたくさんあるってスゴイよ。(数年前、どこかのグループのMCは“宣伝しかしねぇ!”と思ったんだけど、だってそもそもその人たちのMCつまんないから…。)

 

アイドルパートが始まる時に上から降りてくるのが、一度で二度オイシイと思った所以です。上から降りてくる、もしくは下から上がってくるのって、単純に興奮しません?

 

東京ドームから始まった関ジュ紹介のテロップ。これ、ファンにはもちろんだけど、多分ご本人たちも嬉しいよね。やっぱり覚えてもらいたいだろうし、少しでもファンが増えたら嬉しいもん。エイトも「お気に入りを見つけてね」って言ってくれるし。

 

そしてやっぱり『ノスタルジア』が好き。名古屋ではバクステから去って行く丸山くんを堪能し、今回は1塁側外周から去って行く大倉くんを堪能した。「信じてる」のところの両手を上げる振りが余韻が残ってかなり好き。っていうか、もう全部ひっくるめて好き。

 

『えげつない』で、丸ちゃんが他のメンバーのラップを口ずさんでいると聞いていたんだけど、今回それをバッチリ見ることができました。口ずさむと言うより、体全体を使って表現していて、可愛いのかたまり。

 

本編終わり。ジュニア紹介「関西ジャニーズJr!」からの。大倉くん「関西から来たみたいですー!」すばるくん「ホテルどこー??」エイトお兄ちゃん、大好き!!!

 

アンコールの浴衣、名古屋では気づかなかったんだけど、帯や柄にひっそりメンバーカラーがあしらわれていて素敵だった。

 

 

東京ドームは行けないと思っていたけど、ギリギリまで探して譲って頂きました。苦労した分喜び&楽しさもひとしお。しかも前回と全く違う場所から見られたので、本当に満足でしたし、譲って頂いた方には感謝しかありません。

あとお隣の4連のお姉さま方。お話しできて楽しかったです!!でも、私の上にはオレンジ色の銀テが降ってこない…都市伝説になるかも。

 

これにて私のエイタメ ジャムはおしまい。それと同時に、私の楽しい夏もおしまい。

f:id:yukawhitechocolate:20170816235921j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170816235937j:image

 

 

〜君たちが〜KING'S TREASURE SnowMan 8/8 SixTones×SnowMan 8/13昼

どれだけ放ったらかしにしていたんでしょう。

 

8/8。

Snow Manのキントレ初日です。EXシアターは苦手です。スタンディングはツライです。だって、いい歳したおばさんだから…。

だけどせっかくの早番なので、頑張って前の方に行きました。みんなのお顔が良く見えた。阿部ちゃんは下手、さっくんは上手が多かったけど、他の4人は満遍なくって感じでしたね。

セトリの中でウワァ〜っと思ったのは、いわふかでやった藤北の『FIRE!!!』。Kis-My-Journeyの頃にはすでにすの担だったけど、あれだけは大好物だったな。衣装も藤北のお下がりで、興奮した。

ソロコーナーは、なべしょの『Give me…』とふっかのJr.メドレーがよかった。なべのギブミーは、みっくんのダンスと一緒かな。サビ最後の方で体を傾けるやつ。ふっかはキャラ的に『Prince Princess』のようなアイドルっぽい曲は唄わせてもらえないから(失礼)、こういうところでしか聴けないもんね。少クラとかでは、絶対にまわってこない!さっくんは途中までマジメに『君にHITOMEBORE』。でも途中からやっぱりヲタ芸

あと、浮世艶姿桜!単純に好き。

 

なべしょのマイクがちょこちょこトラブっていて、水中に入ったようなこもった感じになって、ところどころ捌けたりして少し残念だった。なべ「EXの人が言ってた。ショーにはトラブルがつきもんだって」、ひーくん「しょーですね(そうですね)って言った?」ひーくん1人で笑ってた…。

 

中島健人くんが見学に来ていて、わなびーの決めゼリフでマイクを向けて「お前を溶かしてもいいかな」って言わせてた。

 

MCでもマイクを渡していて、ケンティーと会話。なべはずっと「ショーティーガール、元気かー?」って煽っていた。

なべ「ケンティーのバックについて、メンタル強くなった」

さく「絶賛ケントロス!」

?「ケンタウルス?」

阿部「初日に仲間が来てくれて、嬉しいよね」

さく「うれぴー!」

なべ「面白くない」

だて「ってか、だてクンって何?佐久間ならいいか…。みんなだて様って呼べよ!」

さく「だてクン髪の毛染めましたよね」

だて「そろそろ本当の自分を見せてもいいかなって」

阿部「健人のバックの後から、だてさんとなべの言動がおかしい」

なべ「鏡見る回数増えたよね。キャラ変!」

 

ひーくんが1人飛んで、着地と同時に他の5人が飛ぶっていう、ダチョウ倶楽部のネタをやりたい阿部ちゃん。

なべ「そんなことしたら、日比谷線のホームまで床が沈んじゃう!みんなが重いっていう訳じゃないよ!!」

 

ふっか「みんなよく喋るなー」と言って、俯瞰して見てる。

照「(ひーくんがいつもより喋るのは)いつもと立ち位置が違うからじゃない?いつもの位置に戻ってみよう」

と言って、1人だけ動くひーくん。

照「あれ?違ったの俺だけ??」

 

いわふかが着替えに行って、ちょっぴり気まずい4人。

さっくんが楽屋で、すばるくんの『愛してる愛してない』をマネしているらしく、それを披露。

さく「すばるくんとケンティがやるとカッコいいのに、俺がやるとオカシイ」

“OH NO NO NO NO…”で笑われる。いや、あれは難しいと思う。春松竹で高橋恭平くんがやった時も、初日だったのもあったけど、やっぱり客席全体がちょっぴりポカーンとしたもん。

阿部ちゃん、だてなべに気を遣い、2人を前にして後ろへ下がる「2人にしようよー」

なべ「いや、程よい距離感がいい」

だて「後であるから!(浮世艶姿桜)」

 

夏っぽいセットが出てきて、“夏と言えば”からの下手で怖い話。上手でショートコント。コントに関しては、関西Jr.…特に丈くんに教えてもらって!

 

ケンティからのキャンディの差し入れ。

健人「キャンディスノーです。今日って8/8じゃん。8ってよく見ると雪だるま。素敵な日に来れてハッピーです」

さく「ケンティほんとオシャンティ!」

健人「さくてぃーも!BWBやっぱカッコいい。SnowManサイコー!」

 

エンドロールの名前は、『すの日常』の上のところに書いてあるまんま。すのって、オラオラ系なのに可愛い方向を選んでくるのが不思議。

 

 

8/13昼。

スタンディングでメモるのはものすごく大変だということが分かったので、すのすと公演ではやめました。メモってないので、簡単な感想だけ。

後ろの方のバルコ上手下あたり。なぜか森本担大量発生地帯。すと担と比べると、すの担ってものすごくおとなしい…っていうか暴れない。

「俺らと言ったらバスケでしょ」と言っていたけど、そろそろ別のこともやって欲しいかも。決めた時はカッコいいし、入らなかったら悔しいし、見てて興奮はするんだけど、なかなかお腹いっぱいよ。

先輩メドレー、WESTも入れてあげて…!今までのキントレでセトリに入ってるWESTの曲って、りゅかみの『アガタフロー』だけ。

MCは2グループでキャッキャしてて、楽しそうでした。特になべ。だて様の洗顔しながらAmazingが面白かった。

 

アンコのデイブレが一番好きだったかも。

 

 

EXシアターは、待機場所の屋上も蒸し暑くてとても辛い。何よりスタンディングは、背の高い私は周りに気を遣わなきゃいけないから、心底楽しめない。もちろんペタンコの靴で行くけど、絶対に後ろの方に嫌な顔される。ほんと、ごめんなさい。指定席譲ってください…。

 

なんだかんだ言って、楽しかったよっ。少年たちは全滅したので、しばらくすのにはお会いできないかな。すのは当選したら行くっていうスタンスでやっているので、細く長く続いてるのかも。

f:id:yukawhitechocolate:20170815102239j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170815102307j:image