ひまつぶし

主にジャニーズWESTとSnow Manについて語る。

俺節 6/15 マチネ

先行で取った『俺節』は、仕事とまるかぶりで行けなくなった。6月あたまのマチソワ、2公演。もう行けないかな…と思ってたけど、安田担のお友達に「行ける日があるならぜひ観て!」と言われたので、頑張って当日券の電話を掛けてなんとか行けることになった。

 

ここ1年、コンスタントに来てるね、ACTシアター。私の体型と本当に相性の合わないACTシアター。

お席は前列サイド。自分で取った席より良い。当日券ってそんなもんです。前列ってね、本当に前列です。上手サイドだから確かに下手は遠いよ。でも双眼鏡使わなくても十分見える。お隣さんは、双眼鏡使ってましたね。別に使っちゃダメではないけど…神山くんなら絶対に嫌がるね。

 

話はくすっと笑うところやら、ドッと笑うところやら。1回だけだと、やっぱりどこがアドリブでどこがセリフなのか分からないけど、本当に自然すぎて。全体的に昭和レトロな感じなんだけど、アドリブも時代に合っているから分からなかったのかな。

安田くんのパワフルな歌が素晴らしかったです。安田くんが5キロ痩せたと聞いていましたが、あんなに激しく動き回ればそりゃ痩せるよな…。台詞回しも大変そう。青森弁だし結構早口だし。田舎から出てきたダサいコージくんは、安田くんではありませんでした。

そして最近、舞台上でよく雨が降りますね。俺節では土砂降りでしたね。雨の中で歌う安田くんはめちゃくちゃカッコよかったです。

 

カーテンコールは3回。幕を上げるジェスチャーをする役者さん達が可愛かったです。カテコで素に戻る役者さん、大好物です。カテコは間違いなく関ジャニ∞安田章大くんでした。

 

3時間半もある舞台を何作か観てきましたけど、長時間座っているのはなかなかしんどい。もう少しだけ短くならないものか…。よし、ACTシアターも客席回しちゃえ。

 

サイドとは言え舞台は本当に本当に近かったです。あんなに近くで安田くんを見たのは初めてで、興奮しました。丸いおめめがよく見えました。演歌じゃない歌を歌う安田くんも見たくなったので、おうち帰ったらエイタメ見よう。

 

f:id:yukawhitechocolate:20170615181830j:image

乃木坂の北山くんと大倉くん。仲良しさんが仲良く並んでます。

f:id:yukawhitechocolate:20170615193452j:image

 

 

今度こそ本当に8月まで何も現場がない…。

髑髏城の七人 花 6/12 千秋楽

VBBがきっかけで興味を持った劇団☆新感線。360°回転する劇場、ステージアラウンドとともに、ものすごく楽しみにしてた花髑髏。千秋楽にして初見でした。

 

360°いつどうやって回転するのかしら…と思ってたら開演直後にぐるっと回りました。想像以上に早い速度で。スクリーンに映し出される映像も相まって、まるでTDRUSJのアトラクション。セット転換がないし、どうなってるのコレ???と思ってたら、カテコ前にぐるっと種明かし的な。作り込まれたセットはどれも素敵でしたけど、無界の里のセットが奥行きがあって好きだったな。霧雨の降る荒野?のセットでの殺陣のシーンは、滝沢歌舞伎を彷彿とさせます。

 

小栗旬くん、初めて生で見ました。カッコ良すぎです。登場してしばらくして、一人で舞台に立って、バックに『髑髏城の七人』というロゴがバーン。 うーわーぁーーーーー、って鳥肌が立ちました。コレ…舞台?目の前で起こってる?映画じゃないの??ってくらい、素晴らしい演出。ラストの七人並んだ姿も美しかった。たぶん、役者さんみんな憧れるやつ。沙霧とのコンビ感もとてもとてもよかった。あと、生足を惜しげもなくツルっと披露されてました。『なにわ侍 団五郎一座』の淳太くんのように潔く!

山本耕史さんも存在感があって、裏切るところとかは本当に、は?なんで?…って腹立ったし。それくらい上手いってことです。私の中では“良いひと”のイメージが強いだけに、嫌いになりそうなくらい。でも、髑髏城の入り口にたたずむ姿は素敵!

成河さん。やっぱり好きだわ、このひと。エリザベートのルキーニと、今回の天魔王しか観ていないけど、狂気的な役に凄みがあって怖い。成河さんの毒気のない役も観てみたいけど、普通の役だと物足りなさを感じてしまうかも。成河くんのエリザ見たいなーと思っても、成河ver.は実家にあってウチにはいっくんver.しかない…我慢。

極楽大夫は本当に魅力的なひとでした。りょうさんの声がすごーくイイ!見た目も麗しく、色気のある声で、女の私でも惚れる。

古田新太さんが出てくると、待ってました的に拍手が起こる。古田さんが出てくると、全部持って行ってしまうんだもん。ズルいよなぁ。

 

2回目のカーテンコール。旬くんが「千秋楽恒例のせんべい撒きします!…で、これ取りに行くの???」と言って、取りに戻る。古田さん「本当は2回目の時に持って出てくるっていうダンドリだったんですよ!」と言っていた。そしてせんべい撒き開始。カーテンコールは計5回くらいだったかな。最後は旬くん「そろそろ着替えていいですか?楽屋も片付けなきゃいけないし!」で、おしまい。

 

 

相変わらず幕間の休憩が20分なんだけど、トイレは長蛇の列。スタッフさんが「トイレの状況で2幕の開演時間を調整するので、安心して並んでください」と言っていた。私も安心して並んだ。結局10分くらい後倒しで2幕が始まったのかな。最初から30分休憩にするか、劇場を建てる時にトイレを増やすかすればよかったんじゃないの…?と思ったり。そしてロビーの椅子も少ない。

 

でも、豪華なキャストや360°回転する劇場、そして新感線ってことで、めちゃくちゃ楽しかった!数ヶ月先の仕事の予定が読めなくて鳥髑髏は諦めたんだけど、花髑髏観たらやっぱり我慢できなくて、風髑髏の先行抽選を申し込んでみた。鳥も、行けそうなら行きたいな…。

 

f:id:yukawhitechocolate:20170613111130j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170613111135j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170613111745j:image

 

ところで、カメラは何用?

f:id:yukawhitechocolate:20170613111808j:image

関ジャニ’s エイターテイメント DVD&BDのツボ

ちゃっかり初回盤のDVDとBD、両方ゲットしていました(しかもフラゲ日に)。私はコンサート参戦歴も浅いし、まだエイターとは言えないんですけどね、それこそエンターテイメントとして関ジャニ∞は好きです。オモシロイって大事!(元担のライブのMCは壊滅的に面白くなかった…とか言わない。)

 

DVDのMCダイジェストを見てから自分のブログを読み返したら、やっぱり聞こえてなかった部分がありました。12/16の東京ドームで、安とヒナちゃんが看板の話をしていた時、ちゃんとオロナミンCにも触れていたんですね。

ほんと、全公演のMC入れてくれるって素敵すぎます。こうやって振り返れるし。

 

メイキング。大雪の札幌が想像以上で…、私もその日の夕方に羽田にいて、肩を落としたエイターさんを見かけたなぁ。ギリギリまでいろいろ調整してるメンバーがカッコいい。Steal your loveのところで屋良くん映ってるー!屋良くん振付師にしか見えない。(←褒めてる。そういえばBoogie Woogie Babyの五関様もそんな感じだったな。)リハの時の衣装は、仮縫いかな。装飾もないシンプルな衣装。生まれ変わったらジャニーズか宝塚かAKBの衣装やりたいと思ってるくらいには衣装フェチだから、衣装はずっと見ていたい。お客さんが入る前のドームって、どこも広いなー。そりゃジャニーズWESTちゃんも思わず「デカッ!」って言うよな。大阪に入っても、スタッフさんと話し合ってて、最後まで妥協しないし微調整してるんだなーと思ったら、本当に尊敬。

 

コメンタリーテイメント。コタツにみかん、ラーメンにピザ、似合いすぎ。時折ボソっと専門用語らしきこと言うの、素敵。コタツに入ってテレビ見てる姿はとても親近感がわくのに、この人達テレビの向こう側の人間だったわって思い知らされる。すばるくんが寝落ちしそうだったのに、食べ物が届いた瞬間に水を得た魚のように生き返るのが面白い。丸山くんと大倉くんばかり喋っていて可愛い。っていうか、基本左側がうるさい。両端のお兄さん(横ヒナ)全然ごはん食べない。あ、安田くんもあんまり食べてない。と思ったら、みんながコーヒー飲んでる時にピザを食べ続けるやすだくん。丸山くんのフリに対して「染まってる(『ブリュレ』の赤く染まる)」「見上げてる(『the Light』の見上げた空)」っていちいち反応する、大倉くんと錦戸くんがカワイイ。みんなが美味しい美味しい言うコーヒー、どこの?飲んでみたい。とりあえずコメンタリーごっこ、友達とやりたい。

 

あとね、これ私だけかなぁ。本編のエンドロールがすごく好きなんです。エイトに関わらず。エイトは映像はメイキングのダイジェスト、曲はパノラマ(Remix?)。WESTは映像は特にないけど、そのツアーのリード曲のインストゥルメンタルver.かな。最初にメンバーの名前が出てきて、スタッフさんの名前がガーッとあって、“Special Thanks ◯◯”って流れたりする。WESTはじっくり見てないから(←好きって言っといて…)感謝されてないかもだけど、エイトはちゃんとEighterってなってる。

 

現場のない期間を埋めてくれるのが、ライブDVD。エイタメと24コンで、夏まで生きるよ〜。あ、ちゃんとWESTのシングルとエイトのアルバムは買いますっ!

 

 

 

 

 

夏と言えば、キスマイのアリーナツアーのチケットを確保したのですが、初日のグダグダっぷりがツイッターを賑わせていましたね。初日は彼らにとっては公開リハだってことは、元キスマイ担なので重々承知なんだけど(あ、壊滅的につまらないMCのグループ名バラしちゃった)、ジャニーズWESTのめぇコンに入った時に驚いたよね。「初日なのにちゃんとしてる!初日と翌日以降のセトリや演出が同じ!!」ってね。これが当たり前なんですけどね…。キスマイにとって久しぶりのアリーナツアーだからぜひとも入りたいと思って苦労して(FCでは全滅したので一般でなんとか…)手に入れたんだけど、どうなることやら。バックのトラジャも楽しみにしてるのに、トラジャのみどころもあまりないようで…。去年も思ったけど、贅沢なのかなー。ジャニーズWESTのコンサートにおける関西Jr.を見過ぎているから、そりゃ贅沢にもなるよな。

川越 (しげりゅせオトシ飯ロケ地巡り)

名古屋に住む両親が川越に行ってみたいと予々言っていたので、予習がてら録画してあったリトルトーキョーライフのシゲと流星が行った「オトシ飯」の回を一緒に見た。照史くんのヒルナンデスは、すでに消去していたので見れなかった(けど、動画で見た)。母に「どこに行きたいの?調べて来た?」と聞いたら、なんと「全く」との答え。おーい!!!行きたいって言うならちゃんと事前準備して来いよ!と思いましたけどね。結果、もう「オトシ飯ロケ地巡りでよくない?」となりました。

 

東武東上線川越駅へ。お友達に1日バス乗車券を買うといいよとアドバイスをもらったので、1日フリー乗車券を購入。

f:id:yukawhitechocolate:20170515163011j:image

まずは川越氷川神社に参拝。鯛のおみくじを引きました。大吉いぇいっ!

f:id:yukawhitechocolate:20170515163107j:image

御朱印も頂いて、氷川神社をあとにし小江戸一番街へ。

お昼は重岡くんのオトシ飯のオハナで親子丼。

f:id:yukawhitechocolate:20170515163410j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170515163352j:image

卵がとろとろで濃厚でした。母が頼んだ卵焼き定食も美味しかったです!

オハナの数件先に、これまた重岡くんのうなぎ屋さんもありましたけど、今回は見送りました。名古屋人は名古屋でひつまぶし食べろやって?

f:id:yukawhitechocolate:20170515163508j:image

途中でヒルナンデスに出てきたお箸屋さんに寄り、祖母へのお土産を買いました。

食べ歩きグルメNO.1の菓匠 右門のいも恋。熊本のいきなり団子のような感じ。

f:id:yukawhitechocolate:20170515163623j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170515163851j:image

レンタル着物店も何軒もあって、お着物で散策されている方もたくさんいらっしゃいました!

街並みを楽しみつつ…

ヒルナンデスで照史くんが食べていたcocoroのたまご型バームクーヘン。生地がしっかりしていて、キャラメルクリームと相性もよくとても美味しかったです。

f:id:yukawhitechocolate:20170515163957j:image

もうお腹に余裕はなかったので、道灌の芋クリームどら焼きはお土産にして、帰路へ。

f:id:yukawhitechocolate:20170515164642j:image

 

川越駅着が11時頃で、帰りの川越駅発が16時半くらい。5時間半の滞在でたっぷり楽しめました。

 

“ロケ地巡り”はあまりやったことがないのですが、今回はかなり参考にさせて頂きました。両親も喜んでましたし。

そういえばVBBの時は、雑誌で神ちゃん達がロケしていた神社に参拝して、そのまま兄組がロケしたお店でブランチを取りましたし、Jr.祭の時には中華街へ行って、こちらもリトラのオトシ飯に出てきた、水餃子のお店に行きましたね。遠方から友達が来た時なんかは、ロケ地はとても使いやすい。

私がずーーーーっと前から行きたいと思っているのは、福岡の滝チャンネルすのーまんロケ地巡り。福岡は何度も行っているのでチャンスはあったんですけど…。遠征中はコンサートとその前後の食事以外はゆっくりまったりしちゃうんですよね。もっとアクティブになろ。

滝沢歌舞伎 5/10 昼

実に2014年ぶりの歌舞伎だったりする。だって当たらなかったんだもん。滝翼名義でもゲストさん名義でも。それなのにここへきて、まさかの情報局で当たったよ。もちろんA席に振り替えられたけどね。1公演でも入れるんだから、私はラッキーなんだっ。

 

1公演しか入れないので、すの中心でしか観れてないです。あと、龍太くんにも注目して観ました。…と言うより、『SHOCK』の文ちゃんと同じで、関西担の血が騒いで自然に目で追ってたんですよね。はるばる関西からやって来てくれたんですもの!しかも直談判して!

ネタバレもあまり読んでいなかったので、何がアドリブで何がセリフなのか把握できていません。お隣の方がメモしていたので、ここはアドリブなのかな〜って想像しながら観ていました。

 

お化粧のところ。

昼夜公演の時は、お昼をみんなで食べるそうで、支払う人をジャンケンで決めるそうです。

「だて様が弱い。11人分をだて様が支払う。最初は7人でやって、だて様が負けた。そのあとやっぱり食べるって人がいたので、リセットしてもう一回ジャンケンし直したのに、まただて様が負けた。あいつジャンケン弱い。」

スタッフさんからの質問。「アイドルは歯が命といいますが、滝沢さんにとっては何が命ですか?(解答例:LOVE)」

タッキー「そんなこと言われたら、LOVEでしょ」

龍太「それって、何にする?カツ丼にする!俺も!みたいなことでしょ?」

林「それ滝沢くん馬鹿にしてる。室龍太、千秋楽です」

\パチパチパチパチ/(拍手)

龍太くんイジられてる、わーい!

質問「三宅くんへ。滝沢歌舞伎を手話で表現してください」

三宅「化粧中だから無理」

龍太「いつかどこかでお願いしたいですね」

 

鼠小僧「待て待てー。伊野尾慧だ。おい、いつ来るんだ?もう終わるぞ!」

伊野尾ちゃん、座長が待ってるって!

 

金之助「お客さんかぁ。伊野尾くんかと思った」

 

金之助を踏んづけていくところ。おまるちゃんと鼠小僧がセグウェイに乗ってきた。2人でくるっと回って金之助を避けてはける。

金之助「せめて踏んでよ〜」

 

ナベ郎もひーくんに絡みに行って何か言ってたけど、思い切りスベって「スベった」って自分で言っていました。だって何言ってるのか分からなかったんだもん…。

 

 

龍太くんは初参加ですが、歌舞伎カンパニーにすっかり馴染んでいました。すのとは共演経験もありますしね。立ち位置が林翔太くんのシンメだったので、とても見つけやすかった。アクロできないと歌舞伎には出られないのか…って思ったけど、重岡くんの例がありますね。お化粧のところでやっと龍太くんの関西弁が聞けて嬉しかった。「あー、龍太くんだぁー」って。龍太翔太(林)がなかなかよかっなぁ。歳も近いし。

すのは、ひーくんがとても目立つので、ふっかはそのシンメ!って思って探すけど、全然シンメにいないじゃないですか!すのの立ち位置は適材適所なのかな。去年も観れていないので、ふっかのおまるちゃんは初見なのだけど、可愛かった。チークも可愛かった。最後の出演者紹介でのお辞儀も、ちゃんと女の子のお辞儀で、ふっかに女子力負けた気がした。喋るとウルサイのもやっぱり好き。

ひーくんの講談。想像していたよりもずっといい!話し方、抑揚のつけ方、声の出し方、研究したんだろうなぁ。正直、ひーくんにあんな声が出せるとは思っていなかったので、いい意味で裏切られた。ストーリーテラーは、髪型も相俟って『1789』のアルトワ伯みたいでしたけど。ひーくん、来年の再演でアルトワ伯やろう?

三宅健くんのバックでさっくんと翔太くんがシンメで踊るところ。翔太くんもそんなに背は高くはないけど、それでもやっぱりさっくんの方が小さい。さっくんが、顎を上げたり頭を振ったりするのは、大きく見せるためなんだなぁって、改めて思ったり。すのにいると、アクロが多いし、みんなそれぞれ個性があるから紛れるけど、ダンスだとよく分かる。さっくんがすのでよかった。たぶんトラジャみたいな統一美を追求するグループだったら個性が奪われてたかも。

ナベ郎はやっぱりスベっていたけど、オイシイところ持っていってたなぁ。なべって元々犬顔だから、あの鼻はなくても犬って分かる気がする。

阿部ちゃんは楽しそうに演じてた。おまる担なの?ライバルだね。あと、スタイルがいい。身体のバランスがいい。そんなの前から知ってたけども。

だて様は相変わらず渋い役。でも林翔太くんに小馬鹿にされてて、ちょっとおかしかった。だて様は自分でも言ってたけど何でもできちゃう優等生だから、馬鹿にされるなんてことないもん。

 

 

久しぶりの滝沢歌舞伎、堪能しました。観たい人が多すぎてやっぱり1回では足りなかったけど。そして何回観てもやっぱり『いにしえ』が好き。

ステフォは、龍太くんのも買いました。関西Jr.が頑張っているのが嬉しいから。関西を背負って来てるとパンフでも言っていたけど、関西Jr.が続々と見学に訪れているし、絶対に刺激は与えていると思うよ。来年も関西から呼んでくれないかなぁ。

 

本当に今年の歌舞伎、観れてよかった。龍太くんの勇姿も観れたし、新しいひーくんも観れたし。やっぱりなかなか会えなくても、Snow Manが好きです。

 

f:id:yukawhitechocolate:20170511103501j:image

(昼公演だったので、前日のもの)

 

余談ですが。終演後に演舞場から小走りでシアタークリエに向かいました。トラジャクリエの当日券に並ぶためです。Jr.祭以降、中村海人くんが気になって…。当日券に並んだのは、数年前のすの以来。宝クジに当たるようなものなので、もちろん当たりませんでしたが、番号を呼ばれる時に「自分の番号かも?!」なーんてドキドキするのは嫌じゃないです。

グレート・ギャッツビー 5/9 夜

井上芳雄さん、田代万里生さん、広瀬友祐さん。エリザ役者が揃いました。ってことで、観に行きました。

ジャニーズ舞台以外で日生劇場に行くのは、初めて。日生の座席はふかふかで、やっぱり好きな劇場です。『マツコの知らない世界』でも取り上げられた後だから、天井とかじっくり見ちゃいました。

 

映画も宝塚版も観たことがないし、なんならストーリーもよく分からなかったので、初日の情報“宝塚みがすごい”というものだけ仕入れて向かいました。

 

クリエではジャニーズ銀座が18時開演、、宝塚ではスカピンが18時半開演、そして日生は18時開演。ってことでなかなか日比谷がカオス!実際に、トラジャクリエの当日券に並んでいる間に宝塚のマチネが終わってお客さんが出て来て、そのうちギャッツビーも終わったのかな、ホントに人で溢れていました。工事いつ終わるのかしら。

 

オープニング、デッキチェアに座るギャッツビーがカッコイイ。出だしからカッコイイって何なの?

からの幕開きのパーティーシーン。この時代はこういうドレスが流行っていたのですね。なかなか着こなすのは難しそうなラインです。でも主要キャストさんはみんな元タカラジェンヌなので、さすがの着こなしです。

ギャッツビーは悪い人なのか良い人なのか。本質はあまり関係なさそうだけど、ただ愛に行きたんですね。パンフに何度も出てくる“ギャッツビーは背中で語る役”。芳雄くんもこの年齢になったからこそ、語れていたと思うよ。

万里生さんは、滲み出る良い人感。育ちの良さといい、王子様役者だな。顔が小さくてスラっとしていて、改めてすごいスタイル。

芳雄&万里生の共演作はエリザしか観ていないので、この2人がお友達役で顔を見合わせてセリフを言っているのは初めて観ました。やっと!これが観たかった!っていう感じ。

広瀬くんの嫌なヤツみ、あのガッチリした体型もすごく合っていて、上手すぎて…。嫌なヤツばっかりやってるから、フェルゼンに戻って〜!フェルゼンも不倫だから、心底良い人とは言えないか?

ねねちゃんのデイジー。相手役が芳雄くんだから、歌は引っ張ってもらって…というか掻き消されて、なんとかなってる。でもビジュアルは完璧。特に若い頃のロングヘアのデイジーちゃんがめちゃくちゃ可愛い。

蒼乃夕妃さんのマートンは、小悪魔っぷりがなかなか良かった。後ろの席の奥サマが「元トップ娘役なのに、あの役やるんだ」と話していたのですが、確かに…。エリザでマダム・ヴォルフとかやらないかな。似合いそう。

 

演出や振り、全てが宝塚っぽい。逆に生身の男性がやることによって生々しさが出ちゃって、私はあまり好きなタイプではないかなぁ。恋愛が軸になっているけど、背景には革命があったりっていうものはたくさんあったけど、ここまで「恋愛」を推されると、ちょっぴりいっぱいいっぱい。これをわざわざ、東宝主催でやらなくてもよかったんじゃないかと…。こういうものは、宝塚の夢ゆめしいベールに包んでもらった方が、スっと入ってくると思う。

カーテンコール。階段から降りてくる芳雄くんがトップスターのようでした。

 

この日のマチネには、エリザでルドルフを演じていた古川雄大くんが観に来ていたとか!そうだよねー、この布陣ですもの。やっぱり大我くんも観に来なくちゃ!!!

 

f:id:yukawhitechocolate:20170511113520j:image

 

終演後、日生を出て有楽町方面に向かったのですが、マダム達がクリエのポスターを見て「誰?」「ジャニーズ?」「知らない。」と話していたので、「私の推しはSnow Manです!」と言いたくなりました。マダムたち、真ん中にいる「東京B少年」は覚えて帰っても損はないよ!

なうぇすと 広島グリーンアリーナ 5/7昼

なうぇすとツアー最後の地、広島。夜公演は入れなかったので、この公演が私的オーラス。

 

神ちゃん赤毛。流星の赤とはまた違うオレンジ強めの色。前髪が伸びていて、分けていた。流星も伸びたね。アッシュ系の色味。のんちゃん伸び伸び(「切らへんの?」「まだ6月に撮影残ってるから!」だそうです)、暗めの髪色。濵ちゃん黒髪。

 

アンリミ、冒頭シゲが唄ってる時にコソコソ話をするりゅかみ。何話してるの?

 

淳太くんの挨拶。「奥さん、ビールよりも生ビール。蒸し牡蠣よりも生牡蠣。もみじ饅頭よりも生もみじ饅頭。僕も生が好きです。生中間淳太を堪能してください」(←最後の方あまり聞こえなったけど、こんな感じでした???)淳太くん、照れながら捌ける。

 

粉もん前の神ちゃんの一言。ウィスパーで「ねぇねぇ、ねぇねぇ。ここだけの話、僕たちのタコさん大きいの。」淳太くん笑って歌えず。流星も呆れ顔。神ちゃん「たこ焼きやから当たり前!」

 

MC。

6日に見学に来た小瀧家。

淳太「のんちゃんの家族、いつもお土産くれる。Tシャツくれた。」

望「全員分はない。照史、シゲ、神ちゃん、淳太にあげてた」

照史「前に『肉しか信じない』、後ろに『肉』」

重岡「俺デビューやで。初めてもらった!背中に『自分最優先』」

神山「背中に羽が生えてて、前に『ある意味、神』。黒字に黄色で。崇めろよ!」

淳太「前に大きく『運動神経ゼロ』、後ろに『何か?』って」

望「俺ももらった。『Youやっちゃいなよ』」

濵田「俺も大阪でもらった。顔だけ馬で『馬でしょ』」

流星「俺、望の親に一回ももらったことない。はまらんやろな…。」

重岡「“望をもらってください”ってことじゃない?」

 

あっくんの、メンバーモノマネ。

パリマニの濵ちゃんが手をクイクイやるやつ(パチンコみたいな…)。

ちょエクの冒頭ののんちゃんの流し目。

パリマニの流星の「What?」のあとにウィンクして舌出すやつ。→重岡「照史のは舌と言うよりタン!」

パリマニの神ちゃんのロボットダンスからのサングラス外すところ。→重岡くんマネる。神ちゃんのロボットダンスからの「What?」の舌出し。

淳太くんの、バタバタダンス。

 

流星の誕生日にスパイダーマンの全身タイツで現れた濵ちゃん。

流星「濵ちゃんはバレてないと思ってたけど、なで肩で分かってん。だから来た瞬間“濵ちゃーん!”って」

重岡「削りたての鉛筆みたい」

濵田「これだけ芸能人がいても、街歩いてる人見ても、俺以上のなで肩見たことない」

 

母の日。

神山「小中学生の頃はお小遣い貯めてカーネーションとか。高校生になったらスチームがばーって出るやつ(スチーマー)。最近は、母の日と誕生日が近いから一緒にやってて、今年はマッサージチェアあげた」

淳太「靴買った」

重岡「上靴?」

淳太「なんで学校なん?」

重岡「何浪?初老?」

?「それは失礼やで。」「くそやろう!」

流星「淳太のお母さん若い。いくつ?」

淳太「55?6?」

濵田「前に、淳太と一緒に鞄買いに行った。おかんがめちゃ喜んで“仕事にも持って行かへん。どこにも持って行かへん。”って言って、押入れにしまってた」

淳太「女性物なのに試着みたいなのして。店員さんも変な目で見てた。」

濵田「おかん似やもん!」

望「神ちゃん何してんの?」

お風呂上がりのように、髪の毛をタオルで包む神ちゃん。

重岡「のんちゃん20歳になった時何かしたの?」

望「手紙書いた。手紙もらってん。みんなが寝てる時に書いた。」

重岡「泣き上戸やからな。昨日もみんなで飯行った時泣いてた。」

照史「このライブ終わりたくない〜って。」

重岡「横で淳太が大丈夫か?って(バタバタダンスのマネ)」

望「スタッフ愛してるぞ〜!」

照史「もう一度スタッフさんに拍手を!」

 

31の話。

重岡「俺が食べたアレは?」

照史「もうちょい先じゃない??」

重岡「あっぶねー!!!」

まだ31で何かあるのね???

 

24コンDVD&BD、炎の転校生の宣伝etcみんなが宣伝したあと。

濵田「今公開中の『リバース』っていうドラマ…」

流星「公開中??放送中やろ?」

濵田「今放送中の『リバース』っていう、たまが出てるやつ、めっちゃ見てます!湊かなえさんが好きで、『リバース』はまだ読んでないけど、ドラマめっちゃ見てます」

 

濵田軍団トーク

流星「この4人だと楽屋トーク感ハンパない」

神山「昨日はずっと宣伝してた。ドームとか31とか。でも7人でやった方がええやろってことで捌ける前にやったら、話すことがなくなっちゃったの!」

\方言いってー/

神山「方言?じゃけじゃけじゃけぇー!」

望「“好きなオニギリの具は?”って聞かれたら“塩ジャケじゃけぇ”って言うの?」

 

 

 

グリアリは初めて入りました。外周がものすごく高い。外周横のアリーナ席でしたけど、首が痛くなるくらい見上げる感じ。外周に来たメンバーの目線は、私より少し先の方。

 

なうぇすとツアー。1/3から5/7まで、長かったけどあっという間だった。のんちゃんじゃないけど、本当に終わって欲しくなかったなぁ。本当にどの公演も楽しかった。どの会場でもどんな席でも本当に満足だった。

I got the FLOWももう聴けなくなっちゃうのかなぁ…。大好きな2人が好みの曲調と衣装着て、コンサートでは本当に目が足りなくて困りましたけど。

次のコンサートも、また『なうぇすと』を軽々超えてくるんだろうな。さらなる飛躍に期待してます。

 

f:id:yukawhitechocolate:20170508074802j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170508194854j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170508074812j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170508194842j:image