ひまつぶし

主にジャニーズWESTとSnow Manについて語る。

髑髏城の七人 花 6/12 千秋楽

VBBがきっかけで興味を持った劇団☆新感線。360°回転する劇場、ステージアラウンドとともに、ものすごく楽しみにしてた花髑髏。千秋楽にして初見でした。

 

360°いつどうやって回転するのかしら…と思ってたら開演直後にぐるっと回りました。想像以上に早い速度で。スクリーンに映し出される映像も相まって、まるでTDRUSJのアトラクション。セット転換がないし、どうなってるのコレ???と思ってたら、カテコ前にぐるっと種明かし的な。作り込まれたセットはどれも素敵でしたけど、無界の里のセットが奥行きがあって好きだったな。霧雨の降る荒野?のセットでの殺陣のシーンは、滝沢歌舞伎を彷彿とさせます。

 

小栗旬くん、初めて生で見ました。カッコ良すぎです。登場してしばらくして、一人で舞台に立って、バックに『髑髏城の七人』というロゴがバーン。 うーわーぁーーーーー、って鳥肌が立ちました。コレ…舞台?目の前で起こってる?映画じゃないの??ってくらい、素晴らしい演出。ラストの七人並んだ姿も美しかった。たぶん、役者さんみんな憧れるやつ。沙霧とのコンビ感もとてもとてもよかった。あと、生足を惜しげもなくツルっと披露されてました。『なにわ侍 団五郎一座』の淳太くんのように潔く!

山本耕史さんも存在感があって、裏切るところとかは本当に、は?なんで?…って腹立ったし。それくらい上手いってことです。私の中では“良いひと”のイメージが強いだけに、嫌いになりそうなくらい。でも、髑髏城の入り口にたたずむ姿は素敵!

成河さん。やっぱり好きだわ、このひと。エリザベートのルキーニと、今回の天魔王しか観ていないけど、狂気的な役に凄みがあって怖い。成河さんの毒気のない役も観てみたいけど、普通の役だと物足りなさを感じてしまうかも。成河くんのエリザ見たいなーと思っても、成河ver.は実家にあってウチにはいっくんver.しかない…我慢。

極楽大夫は本当に魅力的なひとでした。りょうさんの声がすごーくイイ!見た目も麗しく、色気のある声で、女の私でも惚れる。

古田新太さんが出てくると、待ってました的に拍手が起こる。古田さんが出てくると、全部持って行ってしまうんだもん。ズルいよなぁ。

 

2回目のカーテンコール。旬くんが「千秋楽恒例のせんべい撒きします!…で、これ取りに行くの???」と言って、取りに戻る。古田さん「本当は2回目の時に持って出てくるっていうダンドリだったんですよ!」と言っていた。そしてせんべい撒き開始。カーテンコールは計5回くらいだったかな。最後は旬くん「そろそろ着替えていいですか?楽屋も片付けなきゃいけないし!」で、おしまい。

 

 

相変わらず幕間の休憩が20分なんだけど、トイレは長蛇の列。スタッフさんが「トイレの状況で2幕の開演時間を調整するので、安心して並んでください」と言っていた。私も安心して並んだ。結局10分くらい後倒しで2幕が始まったのかな。最初から30分休憩にするか、劇場を建てる時にトイレを増やすかすればよかったんじゃないの…?と思ったり。そしてロビーの椅子も少ない。

 

でも、豪華なキャストや360°回転する劇場、そして新感線ってことで、めちゃくちゃ楽しかった!数ヶ月先の仕事の予定が読めなくて鳥髑髏は諦めたんだけど、花髑髏観たらやっぱり我慢できなくて、風髑髏の先行抽選を申し込んでみた。鳥も、行けそうなら行きたいな…。

 

f:id:yukawhitechocolate:20170613111130j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170613111135j:image

f:id:yukawhitechocolate:20170613111745j:image

 

ところで、カメラは何用?

f:id:yukawhitechocolate:20170613111808j:image