読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

主にジャニーズWESTとSnow Manについて語る。

王家の紋章 4/19

備忘録。何か観るものないかなとお昼前に思い立って、チケット取って、急いで着替えて帝劇へ。

 

去年の初演は観ていないので、初見です。浦井健治くんは以前から観てみたい俳優さんの1人でした。東宝御用達役者さんはだいたい観ているつもりなのに、浦井さんはなかなかチャンスがなかった。柿澤勇人くんも観に行かなきゃだよね〜(『SHARK』出てたし)。

『王家…』は原作も知らないんです。だから初演の時は興味がありませんでした。でもオリジナルのミュージカルなのに再演されているし、DVD化まで決定するなんて、どんなものよ?!ということで、観たくなりました。

キャストで気になっていたのは、浦井くんと新妻聖子さん、濱田めぐみさん。でも19日のキャロル役は宮澤佐江ちゃん。

 

幕間。隣のお若い2人組の1人が、お友達に「メンフィスの良さが出てない」とおっしゃっていました。そうか、原作ファンも観に来てるんだよな…と改めて思いました。確かに、原作を知らない私が観たら、メンフィスは通例に沿って圧倒的な力で支配して従わない人はガンガン殺す、嫌なヤツ。お気に入りのキャロルは、歯向かっても殺さず近くに置いておく。キャロルもメンフィスのことを好きになってくれて、ラッキーだったね…って思ってしまった。いや、“メンフィスの良さ”知りたくなっちゃったじゃん。

メンフィスとキャロルはハッピーエンドなんだけど、「あの後どうなったの???」と気になる人が約2名、アイシスとライアン。気になりませんかー??そしてひたすらミタムンがかわいそう…。

セットは思ったより簡素ですね。花道全然使わないのね。オケボックスの上に小さな舞台作ってましたけど、客席登場は全くないのね。衣装も、メンフィスとキャロルはいろいろ着飾っていたけど、確かに奴隷や兵士だとそんなに衣装の数もいらないしね。

 

浦井健治くん。 メンフィスはメイクも衣装も凄いから、全く浦井健治感がなかった。俳優さんとしては間違いなく高い評価。だけど、可愛らしい浦井健治くんも観たいから、今度は全く違う役柄で観たいなぁ。

濱田めぐみさん、今回の私的MVPです。私の大好きな背筋がゾクっとする歌声。

宮澤佐江ちゃん。歌声が硬いなぁ…と思ったら、調子が悪かったみたいですね。本調子の舞台を観たいところですが、やはりミュージカル発声は難しいのかな。

宮野真守さん。初めてお目にかかりましたけど、とても人気のある方なんですね。声優さんなの???存在感がありました。

愛加あゆさん、ウェスト細いなー、いいなーって観てました。

 

『王家…』の観劇は1回で満足できました。新妻聖子さんのキャロルも観てみたいけど!なんだろうね、中毒性はないよね。

今回は2階席の3列目センターブロックからの観劇でした。前回の『SHOCK』とほぼ同じ位置。でもジャニーズ舞台とは空間の使い方が全く違うから、とても平面的に見えてしまった。飛んで来ないし、宙を舞わないしね。あと、帝劇にしては出演者が少なくない? スタオベがなかったのは今日だけ?

ロミジュリぶりの東宝ミュージカルでしたけど、いろいろ物足りなかったかな。