読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

主にジャニーズWESTとSnow Manについて語る。

Vamp Bamboo Burn 大阪 10/29ソワレ・10/31

大阪公演は2回だけの観劇。フェスティバルホールへは、初めて行きました。とっても立派でとってもお洒落な劇場です。なんといっても客席が広い。座席もクッションに厚みがあるし横幅も広いしシートピッチも広い。でもね、さすがに3時間半座っていたら、お尻は痛くなりますね。

 

10/29 ソワレ。1階後方より。周りは新感線ファンの方が多かった。初見の方も多かったようで、お隣のおじさま2人組は手を叩いて笑っていました。

蛍太郎の「華」「ルックス」のところ、動きが足されていてさらに面白くなっていました。両肘ついて寝転ぶ姿はまさにアイドル。

野方駅」で笑わない関西人。そりゃそうだ。どこだよ、野方って…って感じですよね。実は私も知らない。でもそのマイナーさが東京ではウケてたのよね。徳永くんの駅アナウンスはもちろん関西ver.。私には分からないけど、関西人にはものすごくウケていました。どうやら前後の車両で行き先が違うのがツボだったようです。確か「関空快速」でしたよね。

藤志櫻が捕らえられて、蛍太郎に逃がしてくれと頼むシーンでは、蛍太郎が柿を食べるシーンが足されていて、ここもさらに面白くいやらしくなってる!!

フェスのシーン。カクカク動く神ちゃんかわいい。

百ちゃんが生き返ったあとの赤霧島さんの台詞も変わりましたね。東京では「確かに若返ってはいない」だったのが、大阪では「これからもずっと親分だ、永遠に」。なんで変えたのかなぁ。結構印象が変わってくると思うんだけどな。どちらがいいとは言えないけど。

理研のシーン。京次郎さんが黒霧島さんを追い掛けるところ「いいちこ黒霧島さん!!」。“いいちこ”が足されましたね。

虫麻呂さんのソロ歌唱。シャウトがすごい。テンションが上がっているのか喉が限界なのか分からないけど、とにかく叫ぶ虫麻呂さん。千秋楽に向かっている感じがした。

演出が足されているけど減らされてはいないので、東京より時間が伸びてる…?いや、でもフェスのところのテルさんとのC&Rは短くなっていたかな。あのフェスティバルホールの客席全体が立って踊ったり手拍子したり…ステージからだとなかなか壮観な眺めだっただろうなぁ。客席の後ろの方から見てても、うわー!っと思った。

 

30日。幸せなことに、前方センターブロック通路側から観させて頂きました。前楽ですけど、私にとっては最後の観劇。早く観たいけど観たら終わってしまう。なんとも言えない気持ち。

そしてこの日は大阪マラソンの日。私は御堂筋沿いのホテルに泊まっていたので、ランナーの方がよく見えました。神ちゃんもランナーの姿を目にしたんじゃないかしら。いろいろ思い出したのかな…。

徳永くんの駅アナウンスは、阪急宝塚線。最後まで言い終わってしまったので、「続きまして、阪神…」と言いかけたところで斗真くんに止められました。これね、斗真くんも「どこまで言わせてみようかな」って考えてるっていうのもあるんでしょうけど、ただ単に関西の電車は分からないからどこで止めていいのか分からないのかもしれないよね。

フェスのシーン、カクカク動く神ちゃんこの日もかわいい。安定にかわいい。テルさんのC&Rはこの日も少なめ。会場が広すぎて、反響するのかしら。

キャストさんが客席に降りてくると、真横にどなべちゃんが来ました。サングラスを掛けていても、迫力がありました。サングラスの横の隙間からつけまつげを着けてバッチリメイクしたお目めが見えました。

そして前楽にして初めて気づいたこと。藤志櫻さんの月9撮影後のコメント撮影のシーン。カメラマンの横にAD役で徳永くんがいた!!! 

カーテンコールは4回。斗真くんが徳永くんの帽子を奪って客席に投げる→お客さん投げ返す。そして斗真くんは投げキスをして捌けていきました。

終演後、アンケートには「このキャストでの再演希望。最低でも映像化!」と書いて、29日の分と共に投函。29日のアンケートには、「もう一度、新感線のステージで神山くんが観たい」と書いておきましたよ。

 

千穐楽も無事に幕が下りたようです。「神ちゃんの目がウルウルしていた」というレポを読みました。泣いてはいないようですね。

始まる前は、人見知り神ちゃんからこんなに楽屋での共演者の方との絡みが聞けるとは思っていませんでした。共演者のツイッターやブログにもたまに目にする「神ちゃん」の文字。仲の良さが伝わってきました。

 

『VBB』という作品自体、また観られるかどうか分からない。だからこその寂しさ。東京公演が終わっても、どこかでやっていたVBB。観られなくてもどこかであのカンパニーが生きていたから、そんなに寂しくなかった。でも明日からはもうどこにもあのカンパニーは存在しない…。神ちゃんは確実に、他の客演キャストの方もおそらく、この『VBB』という作品が芸能人生を語る上で大きい存在になったのではないかしら。

 

神山智洋くんにはまた会えるよ。だけど…中村倫也くんには今度いつ会えるのー?また観に行きたい。

 

「サンキュー!平安京!」

f:id:yukawhitechocolate:20161031190633j:image

f:id:yukawhitechocolate:20161031190649j:image

f:id:yukawhitechocolate:20161031190701j:image