読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまつぶし

主にジャニーズWESTとSnow Manについて語る。

エリザベート 博多座 8/11ソワレ・8/12

またまた備忘録。大我くん出てるし、ジャニ現場のくくりでもいいかしらー?今回のキャストの東宝版エリザは昨年から観てはいるものの、今年から参加の成河さんや涼風さん以外にも、日程の関係でいくさぶルキーニ、古川ルドルフは観たことがありません。残念。

 

8/11ソワレのキャストはこちら。

 f:id:yukawhitechocolate:20160812224528j:image

花總エリザ×城田トート。

城田優くんの「スネるトート」が可愛らしい。ビジュアルがまさに黄泉の帝王。大我ルドルフがすっぽり収まるあの体格。そして「闇が広がる」でのルドルフとの絡み、眼福。

お花様はまた声量が増した気がする。ルドルフの葬儀のシーンで、いつも涙が出る(のを堪える)。感情移入しちゃう。これは初めて観た98年の宙組のエリザの時から変わらない。

涼風ゾフィー、美人です。怖い、確かに怖いけど…美しいです。迫力はタータンゾフィーには負ける。晩年の涼風ゾフィーは、ポキっと折れそう。

成河ルキーニは、今年のエリザが開幕してからの評判はネットでも見ていたので、かなり楽しみでした。狂気に満ちていて、いい味出していました。結構小柄なのにすごく存在感があるし、引き込まれました。

 

8/12のキャスト。

f:id:yukawhitechocolate:20160812230813j:image

母の大好きな芳雄くんトートです。さすがとしか言いようがない。芳雄くんトートは、スネない。歌はもう、ずっと聴いていたい。トートはエフェクトかかっちゃってるんだけど、エフェクトなしで聴いてみたい。

蘭はなエリザ、初見でした。私はキャストを選ぶときはエリザベートが最優先だったので、蘭はなさんは去年も観ていない。母が帝劇で蘭はなエリザを観ていたので、「そこまで悪くない」と母から聞いていました。私は評論家でも何でもないし、いろんな作品を見ているミューヲタでもなければ、ヅカヲタでもない。それでもやはり、酷評の理由が分かると言うか…。何よりも、ルドルフの葬儀のシーンで泣けなかった。それが全てかな。

 

 

連続でそれぞれのエリザベート、トートを観たので、比較し易くて面白かった。技術的なもので言えば、花總エリザ×井上トートが好きだし、役作りで言えば城田トートが好きだなぁ。

 

あと、トートダンサーのダンスが好き。どうしてもプリンシパルに目がいってしまうけど、音を立てずに現れて気づいたらいつの間にかいるのに、踊り出すと大迫力なトートダンサー。もっと回数入れるなら、トートダンサーだけを目で追ってみたかった。

 

 

今年は、帝劇のチケットは全然取れなかったし、せっかく取れた日は仕事とかぶって行けなかった。そのため博多座への遠征が余儀なくされましたが、博多座は狭いのでかなり観やすかったし、何より売店が充実しててとーっても好きな劇場なので、結果オーライ。

 

今年もエリザベートを観劇することができて、本当によかったです。満たされた!

f:id:yukawhitechocolate:20160812232654j:image